BLOG

スタッフより
BLOG

【第10話/全24話】憧れの注文建築を建てる!

・・・・・

こんにちは!「憧れの注文建築を建てる!」ブログを書いているHです。
住宅の広告会社で営業事務として勤めて5年目、毎日毎日間取を眺めてきた私が、ついに注文建築で理想を詰め込んだマイホームを建てました。
仕事を通してたくさんの家を見てきた分、お家に対する理想はたっぷりありました。

 

ですが、とりたてて年収が高いわけでもなく、貯金がたくさんあるわけでもなく、
宝くじも当たらないし莫大な遺産相続も存在しない、限られた予算の中でいかに理想をかなえることができるか、理想と現実に挟まれながら一生懸命悩んだことをブログにして公開していきます。
豪華絢爛とはいきませんが、注文住宅をもっと身近に感じてもらえるきっかけになればいいなと思っています。

・・・・・

【第10話】注文建築で家を建てる!「2階」編

続く設計第七弾は「内装・窓」です。

要望は、

——————————————————–

・ 明るい家にしたい
・ モデルハウスみたいにスッキリ住みたい

——————————————————–

 

旗竿地という、四方を他のお家に囲まれた状態でどう明るくするか?

窓はもちろん、内装面を工夫することで広く明るく感じられるようにしたつもりです。

 

床の色や壁の色は明るい色を選ぶことで広く明るく感じられるように。

壁紙や天井、扉は基本的に白にしました。ただ、床を真っ白にすると寒い感じがしたので、

床は明るいベージュ色にして、幅木は扉に合わせて白にしました。

 

壁の色は基本的に白にするつもりでしたが、各部屋1か所までなら

アクセントクロスが標準内だったので、ここぞとばかりに

トイレや洗面室もアクセントクロスを選びました。

トイレは落ち着いた空間になるように、洗面室は清潔感を感じられるように、

主寝室はリラックスできるように、ファミリーライブラリーはお洒落に、

子ども部屋は明るく楽しい雰囲気になるように、整備部屋はかっこいい感じに、、、

 

LDKはテレビボードがアクセントクロス代わりのようなものになってしまったので、

つけるところがなく諦めました。

 

 

そして明るさ確保に欠かせないのが何と言っても窓。

テレビボードを壁一面にしたためリビングは南向きに窓をつけることができず、

(もともと南側はすぐそこに隣家があるので窓をつけても効果はあまり期待できない)

駐車スペースにつながる西向きの掃出し窓は必須だったのでそのまま採用。

 

ダイニングには、採光というより、お洒落な感じのために三連窓を付けました。

3色のカーテンを並べてもいいしグラデーションにしてもいいし…と思ったので縦長の窓を3つ。

 

2階は南側に空間が空いていたので窓をたくさんつけました。

また、電気を消しても階段が暗くならないように高い位置に横長のFIXを付けておきました。

 

 

また、スッキリ住むためには収納が必要不可欠。

各所に必要な分の収納(取り出しやすくてしまいやすければなおよし)があれば

スッキリ住めるはず!なので

 

・玄関に収納(コートクローク、シューズクローク、土間収納)

・リビングに収納(テレビボード)

・ダイニングに収納(クローゼット、キッチンカウンター下)

・キッチンに収納(カップボード)

・洗面室に収納(収納棚)

・猫のケージ置場

・2階にファミリークローク(納戸)

・ファミリーライブラリーには天井までの本棚×3

・主寝室、子ども部屋にもそれぞれクローゼット

 

というふうに、それぞれしまうものを考え、

「これくらいの大きさの収納がここに欲しい」という希望を出し、

棚が必要かどうか、奥行きはどうするか、扉はつけるかなどを吟味し、

ほとんど叶えることができました。

というより、結果的にうまく間取がパズルのようにはまってくれたので

当初予定していなかった猫スペースなどもしっかり確保することができました。

 

入居後の部分でも触れますが、これは本当に正解だったので、

ぜひお家を建てる時には収納計画を十分に考えることをおすすめします。

 

 

 

CATEGORY
ARCHIVE