BLOG

スタッフより
BLOG

【第7話/全24話】憧れの注文建築を建てる!

・・・・・

こんにちは!「憧れの注文建築を建てる!」ブログを書いているHです。
住宅の広告会社で営業事務として勤めて5年目、毎日毎日間取を眺めてきた私が、ついに注文建築で理想を詰め込んだマイホームを建てました。
仕事を通してたくさんの家を見てきた分、お家に対する理想はたっぷりありました。

 

ですが、とりたてて年収が高いわけでもなく、貯金がたくさんあるわけでもなく、
宝くじも当たらないし莫大な遺産相続も存在しない、限られた予算の中でいかに理想をかなえることができるか、理想と現実に挟まれながら一生懸命悩んだことをブログにして公開していきます。
豪華絢爛とはいきませんが、注文住宅をもっと身近に感じてもらえるきっかけになればいいなと思っています。

・・・・・

【第7話】注文建築で家を建てる!「土間収納」編

つづきまして設計第四弾。「玄関収納」です。
まずは要望のおさらいから。
玄関収納の希望は
——————————————————–
・ シューズクローク(土間収納)が欲しい
——————————————————–

土間収納が欲しかったのは、
外で使う物を収納する場所が欲しかったからです。

 

靴を収納するためのウォークインタイプのシューズクロークではなく、
物置のような使い方が出来る収納があればいいなと思っていました。
なぜなら夫婦ともに所有している靴がすごく少ないからです…
(それぞれ5~6足ずつくらいしかない)

 

その代わりと言ってはなんですが、
主人はバイク整備が趣味なので、うちにはものすごくたくさんの工具があります。
工具箱が何箱あるんだ??というぐらい工具があるので、ありとあらゆるDIYができます。
そういった工具や、アウトドア用品をまとめて収納しておけるようなスペースが欲しかったのです。

 

最初は1.5帖くらいのスペースに可動棚をたくさん付けて、
みっちり収納できるような場所を想定していました。
パイプもつけて傘やレインコートを掛けれるようにしたりとか。

 

ですが、設計を進めていくうちに
主人が、机を置いて整備場(作業場)として使いたいと言い出しまして。
そんな中、ちょうどよく置きたい机(ワークベンチというらしい)が見つかり

 

・参考写真/ワークベンチ

 

うわあーわくわくするーーー!!
こんなところに工具並べたい!!!
そして早まってこれを買いました。家が出来るまでお取り置きしておいてもらいました。

 

そうこうしているうちに、結果として3帖位の大きさまで育った土間収納。
大きさだけでなく、主人の要望もどんどん出てきました。

 

■ 窓をつけたい(換気や排水のため)
小さな地窓を付けました。

 

■ ホーローパネルを付けたい(壁強化、汚れ防止の為)
タ カラのショールームで見事にホーローに洗脳された私達です。ただ、一面ぐるりとつけられるほど予算がなかったので、

・ 机の正面にはボードが立ち上がっているので不要。
・ 棚になるところの背面に付けても活用しきれなくてもったいない。
・ 窓のあるところはつけられない。
そうして付ける場所を厳選し、
机横の作業するであろう場所の隣にだけ付けることにしました。

 

■ 室内窓もつけたい(室内とのコミュニケーション??)
これは最終的に却下しました。
整備場はきっとごちゃごちゃするので、LDKから見えると見栄えが良くないし
窓が増えると、LDK・整備場ともに物を置けるスペースが減るし
土間と室内では床の高さが違うので窓の高さ設定が難しいし
そうまでしてつけるメリットが無いと言うかなんというか…

 

■ 可動棚を付けたい
これもかなり悩んだのですが、最終的には無しになりました。
・ 工具は重いので可動棚だと耐荷重が不安
・ 工具を置くので、棚板が汚れるのが嫌
などの理由から、アルミラックなどの耐荷重のある棚を後から設置することで耐久性と可変性を持たせることにしました。

 

■ 扉はつけず、ロールスクリーンで仕切る
引き戸にしても開き戸にしてもスライドインにしても、
どこかしらで邪魔になるので扉をなくし、カーテンで仕切ることにしました。

 

こうしてお家の中に小さな工場ができました。
アトリエみたいでわくわくしますね!
こういう自由度の高さが、注文建築ならではだなあと思います。

 

それでは、また次回をお楽しみに!

CATEGORY
ARCHIVE